FC2ブログ

糸遊結び ~奴隷 佳音 の日々~

いつの時も 佳い音色で啼けますように。大好きなご主人様の下で。

お仕えする理由   




そもそも 互いの日常ではきっと 全く接点のない御主人様と奴隷。
たまたま、三年ほど前に御縁があり 文字で言葉を交わす一年余りを過ごした。

そして  
二年前の春。 (当時の奴隷の気持ちです)
初めて お声でお話する機会がありました。

海外に居られるものだと思って 緊張しながらもどこか気も緩みつつ お話していた矢先
突然 


お前、今日は なにしとんねん。 休みか。 ほな 其処で待っとけな。


そう言って 桜の蕾がまだ固い初春の週末 300キロ弱の道のりを経て 奴隷の住む町に不意に来られたのが
初めての御主人様との出逢い。

たまたま、お仕事都合で帰国された日の朝だった。
何が何だか解らず 呆然として お待ちしたのを記憶しています。


sakura1.jpg
※お借り画像です。



変わらず 惹かれ続ける理由。

それはたぶん
生きることに対しての プライドの色。
荒波で削られ、自己で再生創造され 見たことのない色  それでいて
とても綺麗な光を放つ。

私はそれにきっと
時折 自分を見失い 怖いくらいに 吞み込まれる。

それでも いいと
小さな自分の人生をそのまま 委ねて染まりたいと
そう思ってしまう  幸せと怖さは表裏一体でもあり。

極々平凡で あれこれ面倒で仕方ない私に 
懲りずにお付き合いくださり 小さな日常を共有して下さる。

出逢ったばかりの頃は 私には存在そのものが大きすぎて バランスの取り方が解らなかったのですけれど
今は
ただ 同じ時を重ねたい それだけを想う


私がいてもいなくてもきっと
御主人様は 今以上にもっと 大きくなられる

そんなえねるぎーを秘める
悪魔と天使が混在し
無邪気と孤独が入り雑じる 深く 惹き込まれる瞳に
ずっと 囚われていたいと願う

贅沢な 奴隷なのでした





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

 思うこと

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 03:53 | REPLY |   

佳音  

鍵コメントMさま

コメントありがとうございます。
お久し振りですね。
鍵コメさまの近況を他所で少し目にすることがあり、心配して居りました

多頭は、経験が御座いませんので お気持ちは想像でしか解りませんが
主従 と言う関係は、我慢、を重ねるものとは違う気はします
複数の中でも 動じずにお慕いするかたの下で生きて成長していきたい と
自身が思えるのなら、お仕えする理由などは明確にならずとも
想いのブレも小さくなって 鍵コメさま御自身の心のご負担も減少するのかもしれません

またいつでも、お待ちして居りますね。^^
寒さもなかなか緩まない日々ですので 御自愛くださいますように。

2017/02/09 (Thu) 09:14 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/10 (Fri) 19:48 | REPLY |   

佳音  

鍵コメントMさま

コメントありがとうございます。

私は 自身で感じるだけのものですが、被虐や加嗜虐嗜好の方々は 私も含めて
自分の軌跡に 普通と称される方々よりも愛情が絡む何かしらのエピソードを持つものだと思っています。

幼少時の母子関係の歪み=最もそれに結びつきやすいものかもしれませんが
御相手様御自身が それを昇華されている 或いはその感情と上手に付き合う術を把握している のか、
其処から抜け出せないまま他者に丸ごと求めるのかは 大きな違いだと思います。

M女=母性 の部分は存在しても 母にはなれません。
不平等の中にも互いに愛情とか それに代わる 互いの一部分でも尊ぶ気持ちは大事になってきます。

鍵コメさまの仰る
『育む愛を知らない男は、生涯……狩りを続ける。
都合よく抱ける女を求めるもの。』
は 全てを委ねることを願うM女には、少々キツイ気がします; と…厳しいコメントになってしまい申し訳ありませんです。

もし 主様の心を護ってゆかれる覚悟をされた時は
自身のケアも それ以上にして差し上げてくださいね。^^

2017/02/11 (Sat) 09:11 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/11 (Sat) 15:40 | REPLY |   

佳音  

鍵コメントMさま

コメントありがとう御座います。

Mさまは、そうだったのですね。
皆それぞれ本当に色々な出会いと、お付き合いの形があるのですものね
世の中 10か0 と言うのはなかなか意外と無く、
日々や言葉を重ねると 情や愛も色々な形に派生して生まれるものですしね。

その、現状維持のまま 彼の方が別の新しい愛を求める と言うのが 私にはなかなか理解しがたく思うのですけれど
Mさまが今に満たされるのであれば、それが答えと未来に繋がるのではないでしょうか。

私は、Mさまが思うような 素敵な感じではありません^^;
まだまだ 学ぶこと盛りだくさんです
とりあえず… 一番困りごとの方向音痴を直さなくては。結構切実。

Mさまも 好い春をお迎えくださいますように。^^

2017/02/12 (Sun) 12:07 | REPLY |   

Leave a comment