FC2ブログ

糸遊結び ~奴隷 佳音 の日々~

いつの時も 佳い音色で啼けますように。大好きなご主人様の下で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

痛みよりも  



逢瀬の際は いつもよりもっと たくさん痛みと痕をください


イレギュラーな日常が続いて 少しエネルギー切れだった奴隷は 
お逢いする前、御主人様に そんな我が侭なお願いを御伝えして居りました


おちんぽ様の貌を十二分に喉奥で確かめ お縄で飾っていただいた後
不意に御主人様が 暖色の灯りで照らされるベッドの方へとお声掛けをしてくださる。

少し戸惑いながら それでも 厳しい御調教を頂ける悦びの思いを抱え
御主人様の元へと移動する。



縄からの解放の余韻が残る中
御主人様のお顔が近付いて… 滑らかな舌が奴隷の舌を絡め 口内で遊ぶ。
それだけで 身体の芯から蕩けそうになる。

首筋 うなじ…耳朶 途中舌を絡め 鋭い眼差しに魅入られ
上から下方に 少しずつ焦らされながら 
はしたない奴隷は 声にならない声を洩らす。

弾けてしまいそうな突起を 呆けた顔を見上げられながら交互に乱され
いつ強烈な痛みを迎えるかの恐怖と 飛んでしまいそうな意識との鬩ぎ合いの中
必死にバランスを取ろうとする。

ゆっくり下方に向かう御主人様の舌が 
奴隷のぷっくり膨れて充血してしまっているものを 捕らえる
多くの逢瀬の中 二度目の其れは 変わらず大きく動揺して
申し訳なくなって 消えてしまいたくなる・・・けれど
吞まれる快楽には勝てない。

身体ごと融けてなくなる…

このまま


そんな浮遊の最中 液体になる寸前の身体は 大きな腕に包まれ
蕩けすぎた秘部を 反り返るもので塞がれ 埋められる

何度も何度も 繰り返し 訳の解らない世界を行ったり来たり
耳元で囁かれる 言葉の鎖と
貫かれる肢体と
重なる吐息に
乱れ 狂い 苦くて 甘い涙を 零す

主を受け入れる時
放たれる精を 身体の奥で受け止める時

どうして泣いてしまうのか解らないけれど
どこかで 解っているんだと思う


甘い言葉は ひとつも交わさない

この方に 心を 生涯飼われるのだと言う 感覚だけ




言葉にしない
優しさと温もりを

繋がる度に

想う







pV0LmX5QUMh6CBb1481236679_1481236790.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

 牝豚奴隷の調教

- 4 Comments

遊誠会  

おはようございます♪

おちんぽ様を
愛おしそうに咥え込む表情がたまりませんね(#^^#)

御主人様が羨ましいです(^^♪

2016/12/09 (Fri) 09:00 | EDIT | REPLY |   

ぴぃ  

(。•ㅅ•。)♡

パックンチョ❤
ご奉仕なのかご褒美なのか・・・
ぴぃの中で永遠のテーマです(笑)

蕩けるほどに感じる・・・

ご主人様だけ発動する❤
甘い言葉は要らない・・・
特別な感情です(//∇//)

2016/12/10 (Sat) 02:11 | EDIT | REPLY |   

佳音  

亭主&女将さま

コメントありがとうございます

おちんぽ様を頂けるのはとっても嬉しいですので だいぶ蕩けた表情になってしまいます;
恥ずかしいですが 観てくださって嬉しいです。♪

2016/12/10 (Sat) 04:52 | REPLY |   

佳音  

ぴぃサン

コメントありがとございます*

御奉仕であり 気持ちは御褒美ですね。 ぁは
ぴぃサンの御主人様も、甘い言葉は省いてしまわれる方でしょうか?
特別な感情、なかなか言葉にはし辛いですね。^^

2016/12/10 (Sat) 04:54 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。