FC2ブログ

糸遊結び ~奴隷 佳音 の日々~

いつの時も 佳い音色で啼けますように。大好きなご主人様の下で。

従であるということ。

 奴隷は 「主従」 について、難しいことは未だよく分かりません。
でも、彼氏 とは異なるもの 対等ではないもの
少しでも 自分の心に曇りがあると 気持ちよく御仕えする覚悟がなくなってしまう …
そんな風に感じています。

御主人様は 普段は優しくて、甘々な時間も多く 極普通にお話もしてくださいます。
ひとつの物事に対しての議論も時には。 
そんな中 折々に、奴隷としての立場を弁えることを 考えたりします。
突き放されて 涙してしまう事もしばしば。  それでも お傍に居たいと思うのは
御主人様の優しさや大きさが 何物にも代え難いから。

お前は誰のものや。  お前は誰の奴隷や。 自分の口で云うてみい。

繰り返される度に 冷たい詞の鎖が肌に絡む。
遠く離れた御主人様のご気分や御所望で 奴隷はいつでも遣って頂けるように調える。
選んで頂いた御主人様のおちんぽ様の代わりを はしたない奴隷の中に埋めて
敏感で、すぐ瘡蓋になる乳首にクリップを挟んで
御主人様に 牝の香を届けます。

速度になかなか追いつけなくて …戸惑ったり 胸の奥が痛いことも多々ですけれど。
奴隷の居場所は 
御主人様の元だと思って居ります。 

                            …kano。

QhYJq_xrYwabSeX1475261872_1475262044.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

 書置き。

2 Comments

なほこ  

はじめまして

kano 様

こんばんは
はじめまして、なほこと申します。
私にもご主人様がおり、飼っていただいて
おりもう直ぐ4年目を迎えます。

ご主人様に甘えさせていただいていると、直ぐ調子に乗って、奴隷としての立場を弁えず叱られる事が多々あります。
kano様のエントリーをうんうんと頷きながら拝見しました。

私も戸惑い、悩み悲しみで溢れるときもありますが、私の居場所はご主人様の足下だと思っております。

お互いに頑張りましょうね。


なほこ

2016/10/01 (Sat) 19:36 | REPLY |   

kano.  

Re: はじめまして


なほこさま。

コメントありがとうございます。
もうすぐ4年にもなるのですね。色々な季節を廻られたことでしょうね。
変わらず、主様としてお慕いしていられる日々を大切に過ごせたら幸せですね。^^
楽しい事ばかりじゃないから、喜びもまた深いものなのかなとか
時折自身と対話します。

心強いお言葉ありがとうございます。なほこさまも 笑顔の日々をお過ごしくだだいますように。

2016/10/02 (Sun) 05:34 | REPLY |   

Leave a comment