FC2ブログ

糸遊結び ~奴隷 佳音 の日々~

いつの時も 佳い音色で啼けますように。大好きなご主人様の下で。

大切な日。

 結婚指輪を サプライズで渡す時、ケーキの中に埋めたり フラッシュモブの仕掛けだったりって
よくありますよね?
今回の逢瀬は 奴隷にとってはそれくらいの出来事がありました。


御主人様は、SM世界に身を置く期間が長すぎて 少々飽きてしまわれた頃に 奴隷と出逢ったようなのですよね。
わたしは今まで 自分の意思表示を率先して伝えることなく来てしまっていて、
あれをしたい。これで奴隷を犯して欲しい。と なかなかお伝えできず、そんな奴隷は要らん。と
毎日叱られていました。
なので
今までは縛って頂くのも 逢瀬ついでに行く道で手にしてくださった綿ロープが主で。 

今回の御主人様との御時間の中で ひと段落した頃、ブログのお話になって
お写真、何か要りますよね?とか 色々あれこれ奴隷がよそ見して考えているうちに
御主人様がカバンから 徐に麻縄を。 

「やっぱりな、写真載せるんやったら 麻やないとあかんやろ?  しゃーない 持っていったろか思てな。
一応更やで 笑  ほれ、手揃えて前に出してみ。」

笑いながら 手際よく縄を捌く御主人様。
仄かな麻の香と しゅるしゅる心地好い音が部屋に広がる。

「あんまりなー この縛り方はせえへんのやけどな、 まあ今日は撮影用でな。」

綺麗な縄目と 飾られていく奴隷の肌。
見ているうちに 嬉しくて泣いてしまった。

「あほちゃうか  お前! じっとしとけよ。笑」

笑いながらも 丁寧に真剣に縄を調えていかれる。
そうなのです 御主人様は、気軽に持ってきてくださったものなんですけれどね。
よく笑われるのですが、 御主人様の行動や言葉を 物凄く良いように変換してしまう特技だけは
奴隷の自慢なのです。 ^^

撮影が終わって、解かれた後の感覚が幸せで。
ありがとうございます とお伝えしました。

余韻に浸る奴隷を余所に 御主人様がお部屋を眺めて

「んー。この部屋 梁あるな。 次かいつかは 吊りやな。うん。」

…もう だいぶ先を行かれてました。 



奴隷にとっては とても大切な日になりました。
きっと 指輪がケーキの中から出て来た時
こんな気持ちなんだろうなぁと 御主人様が縄を捌かれるのをぼーっと眺めてた。

いつになるか分かりませんが
御主人様の自慢の奴隷になれますように。

8HA9zjSQFNnFSuh1475141576_1475141706.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

 牝豚奴隷の調教

2 Comments

主様のネコ  

初めまして(#^.^#)

kano様。

足跡から来ました。

初めてお邪魔させて頂き、初めてこの記事を読ませて頂いたのですが、ご主人様のお人柄とkano様の幸せいっぱいなお喜びがダイレクトに伝わって来て、思わずうるうるしてしまい、コメントを書かずにいられなくなりました( ;∀;)

またお邪魔させていただきます。


にゃんこ

2016/09/30 (Fri) 12:36 | REPLY |   

kano.  

Re: Re: 初めまして(#^.^#)

> にゃんこさま。
>
> 初めまして。初コメント、嬉しかったです。ありがとうございます
> こう言うブログを書くのは初めての試みで、どんな風に皆様の目には映るんだろうなぁと
> だいぶ不安の中でしたので 少しホッとしてます ;
>
> またぜひ いらしてくださいませ。^^

2016/10/01 (Sat) 01:06 | REPLY |   

Leave a comment