FC2ブログ

糸遊結び ~奴隷 佳音 の日々~

いつの時も 佳い音色で啼けますように。大好きなご主人様の下で。

此処から   


今まで
主従 というものを 理論や理屈で理解しようとしていました

全てを委ね 捧げるということ
まだ
ぼんやりして 思考が纏まりません


二年目にして 初めてきちんと奴隷として扱って戴いて 解ったこと


縄は 吊りだけじゃなく こうして施されるだけでも 命を預けているということ

振り下ろされる鞭の 恐怖が 従属の悦にも 摩り替わること

御主人様の中のsadismが 思っていたよりかなり 大きな渦だったということ


御主人様との 今 は  私が本当に望んでいたものだったということ



まだまだ 脳と身体が なかなか調いませんが
日を重ねる毎に 御主人様に喜んで頂けるような奴隷に
なれますように

時間軸を切り取ったフレームの欠片と共に
ゆっくり 断片的ですが 書き残して行こうと思います






XPPS9EszvZH76xx1477527515_1477527603.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

 牝豚奴隷の調教

4 Comments

はな  

こんにちは^ ^

素敵なお写真ですね〜♪
佳音さんのお身体も素敵ですが、ご主人様の縛りも素敵ですね。

主従って奥が深いと私も思います。
頭でっかちになって悩んだ事もありましたが、ご主人様に委ねると幸せになれると実感しました^ ^

これからも更新楽しみにしています♪

2016/10/27 (Thu) 16:18 | REPLY |   

佳音  

はなさま。

こんばんは。コメントありがとうございます。
縛りも触れてくださって、御主人様も喜んで居られました(*´v`*)

はなさんも 色々悩まれたことがあるんですね;…
はなさんみたいな実感を 私も折々に重ねていけたらいいなと思います。
お越しくださって感謝です。*

2016/10/27 (Thu) 23:02 | REPLY |   

君の青  

佳音様

こんばんは~(´▽`*)

素晴らしいです。

縛り。

そして…
裸体。


僕が申し上げるのも何なんですが…

マイペースで且つ主様と佳音様の関係が良好であれば
すべては良いのだと思いますよ。

そんな気が致しました。

それ故…
みなさんお互いのカタチを尊重されていらっしゃる。

この世界に正誤は無いと思うのです。

あるとすれば…
主様との絆故の信頼関係でしょうか。

M性はS性にすべてをときには命を委ねます。

それを受け入れるS性は並大抵なものではありません。

それなりに大きな器の持ち主を必然的に迫られます。

自ら以外にもM性のすべてを受け入れる訳ですから…

そこにあるのは信頼関係そして絆。

喜怒哀楽を共に分かち合ってきた関係。

主とはいえ…

1人の人間。

ときにはM性には見せない悩みもあるでしょう。


この関係って…
ただ単に若い者の肉体を求めるモノとは全く違うのだと思います。

この関係は…
お互いを尊重した上に相手を信頼して自らを委ねる相手が目の前にいる
主様ではないでしょうか。

その表現方法に…
プレイがある。
或いは…
緊縛がある。

そして…
究極の表現として交わりがある。

そう思うんですよね。
僕はね。


君の青

2016/10/27 (Thu) 23:35 | EDIT | REPLY |   

佳音  

君の青さま

こんばんは。 コメントありがとうございます*
丁寧な詞をいつも感謝です。

佳音もまだ 戸惑うことも多々で手探りな日々も多いですが
君の青さまが仰るように、絆が要所要所で生まれ
関係性の表現が それぞれのスタンス、なのでしょうね。

どんな激しい濃いアイテムよりも 私はやっぱり
交わりも大事かなぁと感じます。
大切に思うからこそ触れたい、シンプルな想いで。^^ 

2016/10/28 (Fri) 01:20 | REPLY |   

Leave a comment